supplement

人間の心と普遍の美しさに関心を持つ人事・キャリアコンサルのつぶやき

生産性向上を促す自己充実

 

ーーー 雇用されて働く日本人のうち、「積極的で充実した精神状態にはない人が全体の69%」

(Towers Watson, 2016)

 

この調査結果は世界平均(46%)と対比してよく語られていますが、平均より云々でなく、約半数がこの状態ってまずくない?と思う訳です。

 

様々な生産性向上のための取り組み(例えば、働き方改革や業務効率化)が、これを解決するのではと期待されているようですが、自己を充実させることも併せて実施することが重要だと私は思うのです。

 

自分軸に合ったものを選ぶ

自分は何に心を動かされるのか?自分はどんなときに嬉しいのか?自分はどんなときに落ち込むのか?自分は何を大切にしているのか?

 

自分自身の感情や価値観に目を向けることは、自分自身を理解することに繋がります。

それは結果として、自分を充実させるための手段に気づく手助けをしてくれます。

自分自身が充実する手段がわかれば、更に心が豊かになりますし、自分をより活かすことが可能になるのです。

 

自己を充実させられれば、プライドが保たれやすい

何のために生きるのだろうとよく考えますが、エゴな見方では、それは自分の存在意義を認識する(プライドを保つ)ことがその一つだと考えます。

プライドは、⑴自尊心を持つこと、⑵承認されることによって保たれると言われます。

 

自己を充実させられれば、自分に自信や誇りを持ちやすい情動となるため、⑴が満たしやすいと考えます。

⑵は他者依存になりやすいので、ほどほどに求めることをお勧めしますが、自己充実している人には賞賛が集まりやすいので、自ずと得られるかもしれません。

 

個人へのアプローチで生産性向上を

色々考察しましたが、私が実施しているキャリアコンサルティングの経験からも、自己を充実させることができれば、心の豊かさや自分の可能性をより切り拓く気持ちが強くなると考えます。

69%の日本人がより良い精神状態になれば、生産性向上に必ず寄与すると思うのです。